【花粉】自社製粉 打ち粉

自社製粉 花粉(打ち粉)


とり粉とも呼ばれ、そば打ちに大活躍の粉。
蕎麦湯に花粉を溶かせば、 栄養素の高い高濃度の蕎麦湯にもなります。

  

花粉(打ち粉)

2kg 2,080円

1kg 1,050円

500g 610円

商品説明

【花粉】自社製粉 打ち粉

新鮮さにおいては言う事なし!最高級のそば粉です。
抹茶、柚子、桜などを加えて打つ「変わりそば」には最適な、上品で淡白な味わい。
また、打ち粉として使うと蕎麦湯の色にくすみが出ず、上品な蕎麦湯をお楽しみいただけます。

「打ち粉」とは、蕎麦の「延ばし」や「切り」の際、生地が麺棒や包丁あるいは蕎麦同士がくっつかないように振るでんぷん質のそば粉のことです。「トリ粉」と呼ばれることもあります。「延ばし」の際に花粉の一部が蕎麦に打ち込まれ、「切り」の時に振るとそば湯に溶け出していきます。そのため、でんぷん質の多い粉が花粉(打ち粉)として利用されます。「茹で」の後の蕎麦湯に、さらに花粉を溶かせばますま
すとろみが加わります。花粉を少量のお水で少し溶いた後、熱い蕎麦湯を注いでください。また、蕎麦湯だけを作る場合は、花粉だけではソバの香りや旨味はほとんど感じませんので、少量のそば粉といっしょに水で溶いた後、お湯を注ぐと美味しくできます。

打ち粉はそばの味自体にはほとんど影響ありませんが、そば湯に溶け出すので、使う打ち粉によってはそば湯まで楽しむことができません。カガセイフンの花粉は、そば湯も最後の料理としてお楽しみいただけるよう、品質にこだわっています。

産地 福井県産100%
そば粉1kgあたり 約200g~300g
その他 ※花粉の製粉時、挽き始めと挽き終りにやや薄黒い花粉が出てくるため製袋するとマーブル状に見えることがありますが、品質には全く問題ありません
※弊社製造の花粉(打ち粉)は国産(福井県産、北海道産)をベースに一部外国産をブレンドし ています。純福井県産をお求めのお客様は御膳粉(更科粉)をご利用ください。
産地
福井県産100%
そば粉1kgあたり
約200g~300g
その他
※花粉の製粉時、挽き始めと挽き終りにやや薄黒い花粉が出てくるため製袋するとマーブル状に見えることがありますが、品質には全く問題ありません
※弊社製造の花粉(打ち粉)は国産(福井県産、北海道産)をベースに一部外国産をブレンドし ています。純福井県産をお求めのお客様は御膳粉(更科粉)をご利用ください。

そばの実で見るそば粉の違い

それぞれのそば粉は、そばの実のどの場所を使うか、ブレンドによって変わります。
下記のそばの実の拡大断面図で詳しくご説明いたします。

item-detail-side-slide-gozenko-9

御膳粉、甘皮そば粉、花粉については、そば粉の細かな部位ごとに引き分けが可能なロール製粉を行います。
・1番粉 = 花粉(打ち粉)であり、その中でも芯の部分にあた るのが御膳粉(更科粉)=更科そばに使用するそば粉です。
・御膳粉(芯)=更科そば 1番粉(赤枠)=花粉(御膳粉も含める)

item-detail-side-slide-gozenko-10

  • item-detail-side-slide-gozenko-title1御膳粉について

    item-detail-side-slide-gozenko-2

    そばの実の中芯部分だけ抜き取り、高速回転で製粉した一番粉です。これは、一粒から取れる粉の量が極めて少なく、一般的にに最高級なそば粉として扱われています。当店では1kgの【御膳粉】を得るために10kgの玄そばを使用します。香りや旨みのある中層から外層(表層)部分を含まない、純度
    の高いでんぷん質主体のそば粉ですから、非常に淡白な味わいとなります。他の素材を加える「変わりそば」を打つには最適です。普通のそば粉のように水で打ち上げる事は出来ないので、湯回し(湯練り)という方法が用いられます。そば粉のでんぷん質を熱湯によって糊化させ、その力を借りて打ち上げる手法です。そば粉100%で打ち上げるのは難しく、つなぎ粉(割り粉)の力が必要です。また、【御膳粉】をそば打ちの「打ち粉(花粉)」としてお使いいただくお客様が増えています。【御膳粉】を使用することで蕎麦湯の色にくすみが出ず、上品な蕎麦湯をお楽しみいただけます。

    item-detail-side-slide-gozenko-3

  • item-detail-side-slide-gozenko-title2甘皮そば粉について

    item-detail-side-slide-gozenko-4

    そばの実と皮の間にある薄皮部分を精選脱皮加工中に抜き取り、ロール製粉した茶褐色のサラリとしたそば粉です。ガレットの生地などに向いています。皮ぎしの栄養が詰まっている所で、色が濃く、香ばしい香りが特徴です。時期や玄そばの産地によって多少の色ムラがあります。パンケーキ、ソバクレープなどのお菓子づくりや、ご使用のそば粉に加えてそば打ちをしますと田舎風な色合いを持つ蕎麦に仕上がり、香りや栄養価を高める助けをします。ガレット生地には、【越前】丸挽き(挽きぐるみ)そば粉をベースに2~3割加えていただくことで、より本場の風合いに近づきます。甘皮そば粉には、表層粉・皮粉・末粉という表現も用いられます。皮ぎしのそば粉ですので配合比率が高いとエグ味・エゴ味が出ますのでお気をつけください。福井産など国内産の原料にこだわっています。

    item-detail-side-slide-gozenko-5

  • item-detail-side-slide-gozenko-title3花粉について

    item-detail-side-slide-gozenko-6

    蕎麦を延ばすときや切るときに、生地が麺棒や包丁あるいは蕎麦同士がくっつかないように振る澱粉質のそば粉で、「トリ粉」とも呼ばれます。 延ばしの際には花粉の一部が蕎麦に打ち込まれ、切りの時にふる花粉はそば湯に溶け出すので、ソバから作られるでんぷん質の多い粉が花粉(打ち粉)として利用されます。蕎麦をゆでた後の蕎麦湯に、さらに花粉を溶かせばとろみのある蕎麦湯になります。花粉を少量のお水で少し溶いた後、熱した蕎麦湯を注いでください。また、蕎麦湯だけつくられる場合は、花粉だけではソバの香りや旨味はほとんど感じませんので、少量のそば粉といっしょにお水で溶いた後、お湯を注ぐと美味しくできます。

    item-detail-side-slide-gozenko-7

  • item-detail-4
    item-detail-4

    蕎麦を延ばすときや切るときに、生地が麺棒や包丁あるいは蕎麦同士がくっつかないように振る澱粉質のそば粉で、「トリ粉」とも呼ばれます。 延ばしの際には花粉の一部が蕎麦に打ち込まれ、切りの時にふる花粉はそば湯に溶け出すので、ソバから作られるでんぷん質の多い粉が花粉(打ち粉)として利用されます。蕎麦をゆでた後の蕎麦湯に、さらに花粉を溶かせばとろみのある蕎麦湯になります。花粉を少量のお水で少し溶いた後、熱した蕎麦湯を注いでください。また、蕎麦湯だけつくられる場合は、花粉だけではソバの香りや旨味はほとんど感じませんので、少量のそば粉といっしょにお水で溶いた後、お湯を注ぐと美味しくできます。

    item-detail-4

  • item-detail-4
    item-detail-4

    そばの実の中芯部分だけ抜き取り、高速回転で製粉した一番粉です。これは、一粒から取れる粉の量が極めて少なく、一般的にに最高級なそば粉として扱われています。当店では1kgの【御膳粉】を得るために10kgの玄そばを使用します。香りや旨みのある中層から外層(表層)部分を含まない、純度の高いでんぷん質主体のそば粉ですから、非常に淡白な味わいとなります。他の素材を加える「変わりそば」を打つには最適です。普通のそば粉のように水で打ち上げる事は出来ないので、湯回し(湯練り)という方法が用いられます。そば粉のでんぷん質を熱湯によって糊化させ、その力を借りて打ち上げる手法です。そば粉100%で打ち上げるのは難しく、つなぎ粉(割り粉)の力が必要です。また、【御膳粉】をそば打ちの「打ち粉(花粉)」としてお使いいただくお客様が増えています。【御膳粉】を使用することで蕎麦湯の色にくすみが出ず、上品な蕎麦湯をお楽しみいただけます。

    item-detail-4

  • item-detail-4
    item-detail-4

    そばの実と皮の間にある薄皮部分を精選脱皮加工中に抜き取り、ロール製粉した茶褐色のサラリとしたそば粉です。ガレットの生地などに向いています。皮ぎしの栄養が詰まっている所で、色が濃く、香ばしい香りが特徴です。時期や玄そばの産地によって多少の色ムラがあります。 パンケーキ、ソバクレープなどのお菓子づくりや、ご使用のそば粉に加えてそば 打ちをしますと田舎風な色合いを持つ蕎麦に仕上がり、香りや栄養価を高める助けをします。

    ガレット生地には、【越前】丸挽き(挽きぐるみ)そば粉をベースに2~3割加えて いただくことで、より本場の風合いに近づきます。甘皮そば粉には、表層粉・皮粉・末粉という表現も用いられます。皮ぎしのそば粉ですので配合比率が高いとエグ味・エゴ味が出ますのでお気をつけください。 福井産など国内産の原料にこだわっています。

    item-detail-4

item-detail-3

商品説明

【花粉】自社製粉 打ち粉

新鮮さにおいては言う事なし!最高級のそば粉です。
抹茶、柚子、桜などを加えて打つ「変わりそば」には最適な、上品で淡白な味わい。
また、打ち粉として使うと蕎麦湯の色にくすみが出ず、上品な蕎麦湯をお楽しみいただけます。

「打ち粉」とは、蕎麦の「延ばし」や「切り」の際、生地が麺棒や包丁あるいは蕎麦同士がくっつかないように振るでんぷん質のそば粉のことです。「トリ粉」と呼ばれることもあります。「延ばし」の際に花粉の一部が蕎麦に打ち込まれ、「切り」の時に振るとそば湯に溶け出していきます。そのため、でんぷん質の多い粉が花粉(打ち粉)として利用されます。「茹で」の後の蕎麦湯に、さらに花粉を溶かせばますま
すとろみが加わります。花粉を少量のお水で少し溶いた後、熱い蕎麦湯を注いでください。また、蕎麦湯だけを作る場合は、花粉だけではソバの香りや旨味はほとんど感じませんので、少量のそば粉といっしょに水で溶いた後、お湯を注ぐと美味しくできます。

おすすめポイント

打ち粉はそばの味自体にはほとんど影響ありませんが、そば湯に溶け出すので、使う打ち粉によってはそば湯まで楽しむことができません。カガセイフンの花粉は、そば湯も最後の料理としてお楽しみいただけるよう、品質にこだわっています。

産地 福井県産100%
そば粉1kgあたり 約200g~300g
その他 ※花粉の製粉時、挽き始めと挽き終りにやや薄黒い花粉が出てくるため製袋するとマーブル状に見えることがありますが、品質には全く問題ありません
※弊社製造の花粉(打ち粉)は国産(福井県産、北海道産)をベースに一部外国産をブレンドし ています。純福井県産をお求めのお客様は御膳粉(更科粉)をご利用ください。

  

産地
福井県産100%
そば粉1kgあたり
約200g~300g
その他
※花粉の製粉時、挽き始めと挽き終りにやや薄黒い花粉が出てくるため製袋するとマーブル状に見えることがありますが、品質には全く問題ありません
※弊社製造の花粉(打ち粉)は国産(福井県産、北海道産)をベースに一部外国産をブレンドし ています。純福井県産をお求めのお客様は御膳粉(更科粉)をご利用ください。

【花粉】自社製粉 打ち粉

とり粉とも呼ばれ、そば打ちに大活躍の粉。
蕎麦湯に花粉を溶かせば、 栄養素の高い高濃度の蕎麦湯にもなります。

花粉(打ち粉)

2kg 2,080円

1kg 1,050円

500g 610円