mv-sp02

私たちが代々受け継いでいるこだわり「道具」

薪と同じように切り出してすぐの石も水分を保有しています。石臼として使用する場合、石自体の水分をあらかじめ空気に晒して抜かないといずれ歪みが生じ上下臼がかみ合わなくなって粉を挽かなくなります。
そのため、しっかりと水を抜くために石を切り出してから約20年寝かせ、その後、目を起こして使うようにしています。